B 1

エメットテクニック⑥ ショートコースレポートIII

エメットテクニックでは、ライトタッチが特徴です。ロス先生は幼少期の経験から、軽く触れる方がしっかりとした圧で触れるよりも脳へ伝達されやすいことに気づき、テクニックを構築されていきました。

軽く触れながらクライアントの様子を考察し、それぞれの反応を見ながら触れている時間を状態に合わせて変えていきます。そのため、このエメットテクニックはカメレオンテクニックとも呼ばれているのです。

 

●呼吸が浅かったり、息苦しさなど呼吸器のリカバリーテクニック!
苦痛や不安の時に行うとリラックスに繋がります。

施術を体験してしばらくすると、肺に入ってくる酸素の量が違うように感じ
楽に呼吸できていることに気づきました!

また、このテクニックに気道へのアプローチを加えることで、リカバリーテクニックとしても使えます。
強いショックやストレス時や拒食や過食など心理面からくる問題にも役立てられます。

また、セラピー前後にリラックスの為に取り入れることで、安心して施術を受けることに繋がります。

 

 

●脚の伸展や屈曲に問題がある時、階段の登りがつらい、
しゃがむのが難しい方への大腿へのアプローチ

指1本で軽く数秒ホールドするテクニック!!

硬く張っていた筋肉もやはり数秒間のアプローチを数回繰り返すと柔らかく変化が見られます。

 

●首や腰、脊柱バランス

首や腰、仙骨、脊柱のずれや、アンバランスに使用するテクニック。
首や仙骨の傾きをチェックし、数か所ポイントに刺激を入れます。

脊柱バランスは内臓や肉体への働きかけはもちろんのこと、精神や感情にも関係しているため、脊柱を整えることが重要になってきます。

左右のバランスを見ながら行います。

施術をすることで、脈拍にもすぐに変化が出始めます。

その他にも浮腫み、足首、背中、腸に対するアプローチなど様々なテクニックを行っていきました。時間ギリギリまで、沢山のテクニックを教えて頂きました。

70歳を超えているロス先生ですが、とてもパワフルでお疲れの様子もなく、一人一人に実際触れて圧の確認や角度など丁寧に指導してくださりました。少しの時間も無駄にせず目いっぱい披露して頂き、ロス先生、カレン先生ありがとうございました!

 

私達は初めてみるテクニックに、そして変化の速さに驚きっぱなしの2日間でした!!

 


2017年12月16日 エメットテクニックショートコース「エムテック」


2017年12月17日 エメットテクニックショートコース「エムケア」

 

今年5月からはいよいよプラクティショナーコースが日本で初開講となります!
5
月のモジュール1&2は、日本での開講を記念して創始者ロス先生が再来日してくださることになっています。

プラクティショナーコースでは、11つの手技を確実に、そしてクライアント状態にあわせた、効果的なシークエンスを使用し的確なアプローチを学びます。

エメットテクニックの特徴は1つのテクニックが数分と短く、今お持ちのテクニックの前後にすぐに付け足すことができます。又はクライアントの状態にあわせて、いくつかのテクニックを組み合わせ、20分~30分くらいの施術をしていくことも可能です。

その方のスタイルによって、施術方法を選択することができます。

また、エメットテクニック・プラクティショナーコース受講後、インストラクターを目指すこともでき、教えることに興味があるかたにもお勧めのコースになります。

今回、ロス先生と一緒に来日してくださったカレン先生はオーストラリアでエメットテクニックのサロンを経営されています。サロンにはスタッフ6人が常駐し、クライアントのケアをされているそうです。

今後、日本でもエメットテクニックが広まっていくことを願いつつ、頑張っていきたいと思います。

エメットテクニックにご興味をお持ちの方、ロス先生から直接学んでみたいとお思いの方、是非日程チェックしてみて下さいね!

 

2018年5月創始者ロス・エメット再来日「プラクティショナーコース」が日本で初開講となります!
同じく5月に日本初公開の「ドッグ・ショートコース」も開講いたします!

ショートコース開講レポート①はこちらから

Leave a Reply