DSC 3580

エメットテクニック⑤ ショートコース・レポート2

●首が回しづらいときや可動範囲に制限がある時に使用するテクニック

対応ポイントに対してトントントンと軽く触れながら動かしていきます。
寝違いの時や運転時の目視がしづらい時などにもおススメです。
まずは可動範囲をチェックしてから行っていきます!

左右両方の可動域を確認後、テクニックを入れていきます。

その後実習!かなりの割合で首が回りにくい人がいました。
それぞれ左右差があるのでどちらが回りにくいなども一緒に確認していきます。

数秒の施術に可動範囲に変化が!! セルフケアも行うことができるので、とても便利です。

ネックレスやカバンの紐、メガネの縁などが対応箇所に擦れると首に影響が出てしまうそうなので、身に着けるものにも注意を払いたいですね。

 

●肩と腕の問題

肩が上がらない、上げると痛いなど肩に不具合がみられる方や、上腕に問題がある人にも良いテクニックです。

先ずはどんな状態かチェック!
見てみると一定の高さまでは上がるのですが、途中でそれ以上行こうとすると顔がそちらにだんだん傾いてきてしまったり、腕が曲がったりと・・。

施術後再チェック!
今度はスッと上まできれいに上がりました!

状態によって前腕のテクニックを組み合わせていきます。

この二つのテクニックを組み合わせていくことで肩と上腕の状態から生じる問題を調整していきます。

すると、皆さん腕が上げやすくなり、上がり方も変わりました!

 

●胸部のリリース

手が後ろに回らない、肩が内側に入っているなど、車のシートベルトや上着を着る時に苦労する方に良いテクニックです。

対応箇所のポイントに触れていきます。

 

すぐに可動域が変わり、驚きの声が上がりました!!

 

 

 

2018年5月創始者ロス・エメット再来日「プラクティショナーコース」が日本で初開講となります!
同じく5月に日本初公開の「ドッグ・ショートコース」も開講いたします!

ショートコース開講レポート①はこちらから

ショートコース開講レポート③はこちらから


Fatal error: Out of memory (allocated 95420416) (tried to allocate 13818 bytes) in /home/vuser06/5/3/0193235003/www.emmett-technique-japan.com/wp/wp-includes/wp-db.php on line 1889